格安な葬儀・市民葬について - 葬儀 府中

市民葬について

市民葬についての写真

市民葬は、自治体が手を貸す形で、一般的な葬儀に比べて費用が抑えられています。また、自治体と提携している葬儀会社が行うので、信頼性が高いのも魅力です。しかし、デメリットとしては、自分で葬儀会社を自由に選ぶことができないことと、規模や独自性が小さくなりがちなことが挙げられます。市民葬は、故人がその自治体の会員であり、喪主がその自治体の会員であれば、誰でも行うことができます。しかし、市民葬の考え方は自治体によって異なります。市民葬を行った上で、葬儀費用の一部を負担してくれる自治体もあれば、そもそも市民葬制度を設けていない自治体もあります。自分の住んでいる自治体の制度を確認しておくことをおすすめします。また、自治体によって手続き方法が異なります。自治体によっては、事前に役所で申請しなければならないところもあれば、提携している葬儀社に直接連絡しなければならないところもあります。市民葬に参列する際のマナーは、他の葬儀と同じです。通夜はダークスーツ、葬儀・告別式は黒のフォーマルドレスを着用します。バッグや靴は黒で金具のないものにしましょう。市民葬は費用が安く済む葬儀ですが、他にも家族葬や一日葬、直葬などの葬儀形態があります。どの葬儀形式を選ぶかは、事前によく検討しておくことが大切です。