格安な葬儀・市民葬について - 葬儀 府中

市民葬のメリットとデメリット

市民葬のメリットとデメリットの写真

市民葬を行うメリットは、費用が抑えられることです。

葬儀は非常に高額なもので、場合によっては200万円もの費用がかかることも珍しくありません。しかし、市民葬の場合は自治体がサービスとして提供しているので、50万円程度で済む可能性があります。お金がなくても、故人が少しでも少ないお金で葬儀を行いたいと思っていた場合には、市民葬はとても利用しやすいサービスです。収入の制限もなく、誰でもリーズナブルな価格で葬儀を行うことができます。また、市民葬を担当している葬儀会社は信頼できるところが多いのもメリットです。初めての地域で、どのような葬儀社を選べばいいのかわからないというご家族にとっては、信頼できる葬儀社を選ぶことで、費用の安さだけではなく、信頼できる葬儀社を選ぶことができます。最近では、口コミで葬儀社の評判を集めることができるようになりました。しかし、小さな地元の葬儀社の場合、大手の葬儀社はもちろん、小さな地元の葬儀社であっても口コミ評判を見つけることができない場合があります。近所の人からの直接の口コミ評価が得られず、インターネットでも口コミが見つからない場合、どの葬儀社を選べばいいのか迷ってしまいますよね。その点、市と提携して市民葬を行っている葬儀社は評判が良いところが多く、安心して葬儀を行うことができます。

市民葬にはデメリットもあります。その中でも大きなものとしては、自分の希望する形で葬儀を行うことができないということです。市民葬の場合は、多くの市民の方に安価なお葬式をご提供することができます。葬儀に必要な要素は用意されていますが、それ以外の必要のないものは、言い換えればお葬式から手を引いているということになります。また、故人を葬儀に運ぶための車なども別途費用が必要になる場合があります。これらの中でも、自分らしい葬儀をしたいという返礼品をきちんと用意したい場合には、それぞれに追加料金が必要になります。この追加料金はかなりの金額になり、場合によっては葬儀社独自の予算プランよりも高額になってしまうこともあります。自治体によっては、いくつかのプランから選ぶことができるところもありますが、費用をできるだけ抑えたいというのが故人の願いなので、少しでも費用を抑えたいという人には民営のお葬式が最適です。市民葬を行っている葬儀社は、自治体から認可を受けている信頼できる葬儀社と言えます。しかし、それと同時に故人や遺族が葬儀社を選ぶことができないということでもあります。故人の遺族は、市が認めた葬儀社を利用することになっているため、葬儀社を選ぶ権利がありません。最近では、多くの葬儀会社が独自のプランを考えてくれています。しかし、市民葬の場合は、このようなオリジナリティのある葬儀社を選ぶことができないことが多く、希望する葬儀ができないこともあります。市民葬のメリットは、信頼できる葬儀社を利用することができ、安価に葬儀を行うことができるという点です。その反面、自由度が低く、葬儀の規模も限定されてしまうことがあります。市民葬や普通のお葬式に勝るものも勝るものもありません。しかし、民事葬の特徴を知った上で、こちらを選ぶべきかどうかをしっかりと検討するようにしましょう。