格安な葬儀・市民葬について - 葬儀 府中

行列に持参するものと服装について

行列に持参するものと服装についての写真

バッグを持参する場合は、金具のない黒のバッグを選びましょう。

靴もバッグと同じように、黒で金具のないものを選んでください。ハンカチは黒か白を選びましょう。派手な柄のものは避けましょう。福袋に書かれている文字は、宗教や宗派によって異なります。一般的には、仏教徒の場合は「御仏前」、神道の儀式の場合は「御榊忌」、キリスト教の場合は「お花忌」と書かれています。水引の場合は、黒と白の結び方や双銀の結び方をしますが、キリスト教の場合は水引は使いません。しかし、日本は宗教に関しては非常に寛大な国です。自分の宗教ではなく、お祝い事をする相手の宗教に合わせて無祝儀袋を用意する必要がありますし、自分の家族の宗教も知らない場合があります。その場合は、白黒の水引に「御霊前」と書いて持っていくと良いでしょう。宗派によっては「御霊前」と書かないところもありますが、そこまで疑問視されることはありません。紫や地味な色の袱紗に包んで持っていくと良いでしょう。裸で持ってはいけません。数珠は仏式の葬儀でしか使わない 数珠は仏式の葬儀でのみ使用するもので、僧侶にしか身につけてもらいません。一般の参列者は数珠の形を気にする必要はありません。キリスト教徒は数珠を使いません。その代わりにロザリオを取り上げることが多いです。

もともと信者で、自分でロザリオを持っている場合は持って行っても構いませんが、それ以外の場合は持っていなくても構いません。また、ロザリオは葬儀の道具ではないので、信者であっても持っていくべきではないという考え方もありますので、迷っている場合はカバンの中に入れて様子を見てから持ち出すかどうかを決めれば良いでしょう。アクセサリーは原則として外しておきましょう。ただし、結婚指輪や真珠でできたアクセサリーは身につけることが許されています。真珠は涙を表すと言われており、冠婚葬祭でも使用しても良いとされています。真珠は黒真珠と白真珠のどちらを使うべきか迷ってしまう人もいます。黒真珠の方が葬儀では目立ちにくく、派手さもありません。しかし、白真珠は皇族が葬儀の際に身につけていたという歴史があります。どちらでも身につけることができますが、結婚式でも使用することができるため、新しいものを購入する場合は白真珠を選ぶのが良いでしょう。ただし、日本の葬儀では、結婚指輪も真珠もどちらも着用することしかできません。結婚指輪や真珠のアクセサリーの着用は必須ではありません。そのため、迷ったらアクセサリーは全て外しておくのが無難かもしれません。ネイルアートなどは、原則として事前に落としておきましょう。しかし、昨日お店でネイルアートをしてもらったからといって外せないこともあるかもしれません。