スーパーソルガム メキシコビジネスニュース ダイジェストvol.20
「第7回 畜産大会」に出展

SUPER SORGHUM MEXICO S.A. DE C.V.(本社:メキシコ合衆国ハリスコ州グアダラハラ市、以下、「SSM」)のメキシコ合衆国(以下、「メキシコ」)国内で展開されているビジネス活動状況をハイライトでご紹介いたします。


2017年6月21日~22日(2日間)開催
「第7回畜産大会」に出展

SSMは、メキシコ合衆国ハリスコ州グアダラハラで開催されました「第7回 畜産大会」(主催:畜産専門誌「レビスタ・ガナデラ」、動物用医薬品メーカー「Virbac社」)に参加いたしました。同大会は民間企業主催の大会で毎年開催場所を変えて行われますが、今年はSSMオフィスがあるグアダラハラで行われました。

今回の畜産大会では、主に牧畜農家向けの様々な課題の講演が実施され、約30社の畜産関連企業(飼料関連、畜産技術・用具、牧場管理システム等)が商業エリアに出展いたしました。SSMのブースには、前回の全国牧畜組合連合会(CNOG)総会のブースで使用した写真パネルに加え、カタログ、栽培マニュアル、新たに製作した垂れ幕に加えスーパーソルガムの展示を行いました。さらに、スーパーソルガムサイレージの飼料評価、及びコーンサイレージとの比較データなどの配布を行い、SSMは2日間の開催期間中にメキシコ国内からご来場いただいた牧畜農家等の畜産関係者、ハリスコ州政府関係の畜産担当者に対し飼料用作物としてのスーパーソルガム導入に特化した営業活動、普及活動を効率的に展開することができました。

今後は、同畜産大会で獲得した見込み顧客への営業活動を実施することで販路拡大を目指します。

 

第7回畜産大会概略

 

第7回畜産大会|SSMの展示ブース

 

 PDFはこちら 
株式会社ソルガム・ジャパン・ホールディングスのホームページに掲載されている情報を転載しております。