スーパーソルガム メキシコビジネスニュース ダイジェストvol.7
TIERRA FERTIL TVにて、スーパーソルガム事業についてテレビ放映されました

SUPER SORGHUM MEXICO S.A. DE C.V.(本社:メキシコ合衆国ハリスコ州グアダラハラ市、以下、「SSM」)のメキシコ合衆国(以下、「メキシコ」)国内で展開されているビジネス活動状況をハイライトでご紹介いたします。


2016年11月26日-27日
TIERRA FERTIL TVで、紹介していただきました。

 

農村、都市と情報、サービス、エンターテインメント、ニュース、イノベーションといった観点からコミュニケーションチャンネルとして運営しているTIERRA FERTIL TVにて、スーパーソルガム事業についてテレビ放映されました。

TIERRA FERTIL TV は、毎週土曜日16:00より放送され、地上波テレビ・グアダラハラ(4チャンネル)、ケーブルテレビSKY 144チャンネル、ケーブルビジョン164チャンネルにて放送されています。
また、2013年にラテンアメリカにおける農業ジャーナリズムの賞である「CropLife Latin America」賞の「農家への情報提供と教育」部門の賞を受賞しています。

 

■TIERRA FERTIL概略
2016年で創立より18年を迎え、メキシコの第一次産業を対象にテレビ・ラジオ・雑誌・ウェブ・SNSとマルチメディアな展開をしている総合的な発信力が魅力のメディアです。紙媒体は、日本のような書店中心ではなく、メキシコ全体の30%という農村人口の方々の手に、全国の農業系の政府機関・団体を通じて幅広く、正確な情報を適切なタイミングで戦略的に届けています。

■TIERRA FERTIL TV
https://www.youtube.com/watch?v=NW7G0PPIStU
※番組冒頭(ラミレス先生)と、最後の方39:35~(SSM 代表取締役社長 川本 幸夫) の2部構成のインタビューとなっています。

■TIERRA FERTIL TV Facebook
https://web.facebook.com/TierraFertilMexico/photos/pb.419200028118269.-2207520000.1480124383./1228352940536303/?type=3&theater

 

【日本語訳】
■ラミレス先生へのインタビュー概要

Q. まずは、スーパーソルガムについて説明をお願いします。
A.
・スーパーソルガムという植物についての説明。単なるハイブリッド(交雑種)ではなく、日本の技術による開発技術システム自体のことを指すものである。
・メキシコでは、SUPER SORGHUM MEXICO 社が販売を担当している。
・長年研究されてきたもので、多くの大学や研究機関が参加し研究が進められてきた。メキシコの大学も参加している。
・これはゲノム育種という技術によるもので、遺伝子組み換え作物ではない。この技術により、交配が早く行える。
・ソルガムの遺伝子は98%イネと同じであり、日本の主食である稲の研究の内容を活用することでソルガムの研究がスタートした。
・現在約500種の代表的な品種を保有しており、そこから各地方の気候条件、用途に合致したハイブリッドを見つける。
・スーパーソルガムの用途としては、バイオエタノール用、液糖用、食用、燃料ペレット等様々な用途の可能性がある。

 

Q サトウキビよりも糖度(Brix)が高いと聞いているが?
A.
・飼料用、バイオエタノール用の品種に共通した特徴であるが、Brix20度とサトウキビを超える品種もある。バイオエタノール用には水分の多い品種が適している。
・搾汁から第1世代バイオエタノール、バガスから第2世代バイオエタノールと、2段階利用が現在の技術では可能になっており、高収量の性質を活用して多量のエタノールの生産が可能になる。

 

Q. バイオマス量がヘクタール当たり300トンにも達するというのは本当か?
A.
・そのようになるにはいろいろな条件が整っている必要がある。
・収量が多くなる要因としては、まず分げつにより芽が多く生えてくること、そしてその生長スピードがあげられる。世界各国の実証試験栽培の中では、1日に10㎝成長したところもある。メキシコでは、1日6.5㎝を記録した。水の量や栄養量も影響してきますが、条件が良ければ2~3回の収穫が可能となります。
・日長感受性という性質があり、播種から収穫までの時期が早く、約3か月で収穫が可能となる。成熟しすぎると飼料の栄養価が低下するので注意が必要。
・スーパーソルガムはどんな環境にも対応できるからスーパーという名前がついているわけではなく、トウモロコシと同様に土壌整備を行い必要な準備や対応が必要である。高地などの環境では熱帯地域ほどの収穫量は期待できないが、それでも同地で栽培する従来の作物よりも多くの収穫はできるだろう。
・雨季の栽培は、灌漑設備があれば年間を通して計画的な栽培が可能となる。

 

Q.この番組では以前にもスーパーソルガムを取材しているが、その時はまだ販売していなかった。
もう購入可能なのですか?
A.
・2014年から実証試験栽培を国内の様々な地域で行っている。2015年からはINIFAP(国立農畜産林業研究所)とともにプロジェクトでの調査研究を進め、2016年も引き続きメキシコの大学等と共同でより高度な研究を進めている。
・他の作物(トウモロコシ等)は、1袋で1haの播種というのが多いが、このスーパーソルガムは1袋で3haの播種が可能である。
・シャーレに発芽のサンプルもあります。この種子は発芽が早いのですが、播種を行う時は深く播かないことが大事です。トウモロコシは、深さ7㎝に播くのは普通だが、スーパーソルガムは2~2.5cmが最適です。早く効率の良い発芽を行うために、この点は注意が必要です。

 

Q. 皆さんもどうぞこの種子を播いて利益を上げてください!

 

 

■TIERRA FERTIL TV以外のメディア掲載一覧

2016年12月26日
BM Editores(農業ニュース)
灌漑を利用した夏の飼料用ソルガム
http://bmeditores.mx/sorgo-forrajero-verano-irrigacion/

2016年12月22日
Hoy Tamaulipas
タマウリパス州の生産者、日本のソルガムの栽培を検討
http://www.hoytamaulipas.net/notas/274699/Analizan-productores-de-Tamaulipas-cosechar-sorgo-japones.html

2016年12月20日
Primera Vuelta (ローカルニュース)
タマウリパス州は、ソルガム生産の記録を塗り替える可能性
http://primeravuelta.com/2016/12/20/tamaulipas-podria-lograr-produccion-record-de-sorgo/

2016年12月16日
Noticentro Tamaulipas
タマウリパス州にてスーパーソルガム栽培の予定
http://noticentro.mx/2016/12/16/sembraran-super-sorgo-tamaulipas/

2016年12月14日
Panorama Agrario(農業ニュース)
牧畜家向けにスーパーソルガム栽培の講習
http://panoramaagrario.com/2016/12/capacitan-a-ganaderos-la-siembra-super-sorgo/

2016年12月13日
FIRA(政府広報)
タマウリパス州南部の牧畜農家向けの技術移転講習会
http://www.gob.mx/fira/prensa/curso-de-trasferencia-de-tecnologia-para-ganaderos-del-sur-de-tamaulipas

 

 

 PDFはこちら 
株式会社ソルガム・ジャパン・ホールディングスのホームページに掲載されている情報を転載しております。